2011年06月26日

業務災害と通勤災害

業務災害と通勤災害


Comic4_001.png

労働災害(ろうどうさいがい、労災)には、労働者が業務中、負傷(怪我)、疾病(病気)、障害、死亡する災害のことを言います。広義には、業務中のみならず、通勤中の災害も含みます。
業務災害とは、労働者の業務上の負傷、疾病、障害又は死亡をいいます。

 一般に業務上の災害は業務災害、通勤中の災害は通勤災害に該当します。業務災害として認定されるには、業務が原因となったということであり、業務と傷病等の間に一定の因果関係があることをいいます。このルールは1人でも労働者を使用している事業が適用事業となります。労働者(常用、臨時雇、日雇、アルバイト、パ−トタイマ−などの種類を問わず、賃金が支払われる者をいう。)として雇われて働いていることが原因となって発生した災害に対して行われるものですから、労働者が労働関係のもとにあった場合に起きた災害でなければなりません。

上記のマンガでは、業務中ではなく、通勤途中の先輩の事故に業務災害が適用されたとのことです。
理由は、先輩が事業主の支配下にあったという点です。具体的には、会社が提供している工場の送迎バスの中で発生した出来事であり、事業主の提供する専用交通機関を利用する出退勤や緊急用務のため休日に呼出しを受けて緊急出動する場合などが該当し、これらの行為による災害は業務災害となります。
【関連する記事】
posted by You at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。